保育士の専門学校は実学重視

保育士の専門学校が、指定保育士養成施設として厚生労働省に認可されていれば、卒業と同時に資格を取ることが可能です。また、幼稚園教諭の資格が取れる文部科学省の指定を受けている学校もあり、そちらの場合は両方の資格を取るコースで学べば、卒業と同時に両者の資格を取得可能です。片方の指定のみの場合でも、提携する短期大学の通信課程に同時に入学するコースの場合は、両方の資格取得が取れます。その場合は短大卒の資格も同時に取得可能という訳です。

保育士の専門学校は、実学重視の傾向にあります。つまり、現場で必要なスキルを高めることができます。これは、保育の現場でも評価されており、専門学校卒業者の就職率は高いです。また、実績のある専門学校の場合は、保育園とのパイプを持っており、専用の求人が来ていることもあります。

そのため、あのルートで保育士になる場合に比べて、就職までを見据えるととても有利です。加えて、専門学校は専門的にその分野を扱っていることに加えて少人数教育であるため、一人一人に対してしっかりと就職サポートをしてくれるのも魅力です。環境は学校ごとに異なりますから、パンフレットやホームページで情報を確認したり、実際にオープンキャンパスに足を運んだりして確かめてから選んだほうが良いでしょう。いずれにしても、実学重視で現場で役立つスキルを身に付けることが可能であるため、保育士として活躍したい方にはお勧めの選択肢となります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です