専門学校で保育士の勉強をするメリット

子どもと接する保育の仕事をするには資格を取得する必要があり、そのためにはいくつかの方法がありますが、そのひとつは専門学校で保育士に必要なことを学び資格を取得することです。保育に携わる人材を養成する学校では卒業と同時に資格を取得することができるため、卒業後は保育園や保育所などで勤務することが可能になります。このような専門学校では保育士資格を取得できることに加え、幼稚園教諭2種免許も取れることも少なくありません。子どもと関わる両方の資格を持っていると現代に多い保育園と幼稚園が合わさった施設に就職し働くときにも役立つでしょう。

専門学校で保育士資格を取得するには多くの場合2年、学校によっては3年間通うことになります。文部科学省や厚生労働省の指定校の場合は2年制ですが、併修校と呼ばれるタイプの学校の場合は3年制になっています。文部科学省・厚生労働省指定の専門学校で保育士資格を取るには、学校に通い単位を取得すれば卒業するときには、保育や幼稚園教諭2種の資格と専門士の称号も与えられますが、併修校の場合はその学校の授業のほかに通信制の短期大学の授業科目も受講しなくてはなりません。しかし併修校である専門学校では保育士資格・幼稚園教諭2種のほかにも取得できる資格があったり短期大学卒業と認められるというメリットもあります。

どちらの場合も4年制大学に比べて早く資格を取り社会に出られるという特徴があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です