専門学校を卒業して保育士になれるのは指定校

日本の国家資格の一つでもある保育士は、なるためには専門の養成所を卒業する必要があり短期大学や4年制大学などが挙げられます。専門学校でもこの資格を取得できますが、この養成所の場合指定校と併修校の2種類あり注意する必要があります。指定校とされるこのタイプの専門学校は、厚生労働省や文部科学省の認可を受けたものを指し卒業すると保育士資格や幼稚園教諭2種免許を得られます。一方併修校は、前の2つの省庁からの認可を受けておらず、通信制短大を併修しないと資格取得を目指せないと言われます。

この通信制教育課程を修了しないと目的の職種に就けない恐れがあるので、学校選びは慎重に行うべきでしょう。指定校と併修校では学費も異なっており、前者なら2年制で考えれば約200万円前後になりますが、通信制短大を併修する後者の場合は約250万円前後の費用負担が必要だとされます。この時点で50万円もの差があり、安易な学校選びは危険です。この他保育士専門学校は夜間授業が可能であったり、多くの場合は2年制ですが3年制の学校もありそれぞれ授業カリキュラムから学費などが異なります。

また上記では幼稚園教諭2種免許が得られると記載しましたが、学校によっては得られない場合も少なくありません。将来どんな職場で活躍したいのか、就職をより有利にしたいのなら少なくともその学校が指定校なのか、何年間で卒業できるか、幼稚園教諭の資格は取れるのか確認するようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です