3年制の保育士専門学校とは

保育士は乳幼児から小学校就学前の子供の保育をする仕事であり、なるためには4年制大学や短期大学、通信課程など専門の養成所を卒業する必要があります。専門学校でも保育について学ぶことができ、その分野に焦点を当てたカリキュラムが組まれているので現場に即した知識や技術が得られやすいメリットがあります。また大学機関と比べて入学方法は面接や小論文を重視する傾向にあるので、比較的入学しやすいのも利点と言えます。保育士の専門学校の多くは2年制であり、4年制大学の半分で目的の資格取得ができます。

けれども中には3年制の専門学校があり、これは人によって保育士になるまでに何か違いがあるか思うかもしれません。3年制の場合、2年制と異なるのは幼稚園教諭の資格取得ができる点が挙げられる他、1年多く学べることからカリキュラムが充実しており心理カウンセラーやおもちゃインストラクターなど多様な資格が取れます。人によっては2年制という短期間では必要な知識や技術が身につけない場合もあり、時間をかけて保育の仕事に就きたい、少しでも実践力をつけてから現場で働きたいという人に3年制はおすすめと言われます。最近の保育施設は幼保一体化という考えから、認定こども園が増える傾向にあり保育と共に幼稚園教諭の資格を持つことが採用条件にする園があるとされます。

2年制と3年制では就職率の差はあまりないとされ、就職先に応用をきかせたいのなら3年制、早く保育士になりたいのなら2年制の養成所を選ぶと良いでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です