保育士専門学校の特徴や、選び方!

保育士になるには4年生大学や短大以外にも、保育士専門学校に通う方法もあるのをご存知でしょうか。保育士専門学校には独自のメリットが数多くあります。基本2年制の学校が多いため短期間で資格が取得でき、期間が短いため学費も安くなるなど経済面の負担も少なく済みます。また実践的な授業が多くなっているため現場ですぐに使える知識が身につき、卒業後の就職率が高いのも大きな魅力です。

昼・夜コースを選べる学校もあるため社会人の方でも通いやすく、さらに保育士だけでなく幼稚園教諭等の資格を同時取得できる学校もあるなど、多彩なメリットがあります。一方でデメリットもあり、短期間で学ぶため授業が非常に忙しいこと、保育に関する知識の習得に特化しているため一般教養的な学びは得られない、などが挙げられます。専門学校を選ぶ際にはいくつかのポイントがあります。まずは授業期間に注目しましょう。

専門学校は基本2年制が多くなっていますが、中には3年制の学校もあり、時間をかけて学びたいという方にはこちらが適しています。また「指定校」か「併修校」かをチェックすることも大事です。指定校は厚生労働省・文部科学省に指定を受けている学校で、卒業すれば保育士や幼稚園教諭の免許を取得できる学校です。一方、併修校は厚生労働省の指定のみを受けた学校で、資格の取得には専門学校のカリキュラム以外に短大などを利用した通信課程の授業を受ける必要があります。

学費等の手続きが煩雑なことが多いため、手間をかけたくない場合には「指定校」がおすすめです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です