保育士になるなら、大学?専門学校?

保育士になるためには、養成機関に進学する方法と、国家試験を受けて合格する方法があります。進学して真面目に規定の課程を習得し、卒業すれば試験を受けることなしに資格を取得できます。子どもとの遊び方やピアノ演奏といった実技もしっかり学ぶことができますので、可能であれば養成機関に進学するほうがおすすめです。養成機関には四年生大学・短期大学・専門学校があります。

それぞれ特徴が大きく異なるため、どこに進学したらいいか迷っている人もいるのではないでしょうか。もっとも保育士の仕事に特化して学べるのは専門学校です。しかし学歴を考えると四年生大学かせめて短大に進学するべきではという意見もあるでしょう。できるだけ早く保育士として働きたいのであれば短大か専門学校がおすすめです。

2年で現場に出ることができ、早く実績を積むことが可能です。また専門学校は就職に強い傾向があります。中には系列の保育所を所有している学校もあり、比較的スムーズに就職先を決めることができます。大学の場合、卒業までに4年ありますので、時間的な余裕があります。

しかし大学の講義では保育の現場ですぐに役立つ実践的な技能の習得ではなく、理論を学ぶことに重点が置かれることが多いため、保育士として働きはじめたときに戸惑うことが多いようです。保育以外の講義も学ぶことができて知識の幅を広められたり、4年の間にほかの職業に興味が出た時に転向が容易だったりする点は、大学のメリットと言えます。絶対に保育士になるとかたく決めているなら専門学校がおすすめですが、もっと幅広く学んで将来の職業を決めたいということであれば大学も選択肢に含めることをおすすめします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です