保育士の専門学校には違いがある

保育士の専門学校と一言で言っても実は様々な違いがあって、それぞれに異なる特徴があります。なので、その特徴を理解した上で自分に合った学校を選ぶことが重要です。まず保育士は厚生労働省と文部科学省の両方から指定されている学校を卒業する必要があるが、全ての専門学校が文部科学省から指定されている訳ではありません。中には文部科学省から指定されていない学校もあるので、その場合は指定された通信制の短大を並行して卒業する必要があります。

一見すると面倒にも思えるが実はメリットもあって、保育以外の勉強もできるので進路変更が比較的容易だったり、歩言う気概の勉強が気分転換となって保育の勉強にも身が入ります。続いて専門学校と言えば2年制が一般的で保育士も例外ではないが、中には3年制を導入している学校もあって、それぞれにメリットとデメリットがあります。こちらも一見すると2年制の方が良いように思えるが、実際は2年間で保育の全てを学ぶには忙しく、さらに就職に関してはたった2年間で進路を決める必要があります。実際に就職を考えると1年生の後半には考え始めることになるので、入学から考えると早ければ半年で就職を考えなければなりません。

これが意外と大変で高校を卒業したばかりだと気持ちが追い付かないことがあります。これ以外にも幼稚園教諭の資格が取得できるがこうとそうでない学校があったりと、保育士になる為の専門学校にも様々な種類があります。なので、自分がどのように学んで資格取得を目指すのかによって選び方も変えることが必要です。大阪の美容専門学校のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です