専門学校へ通い保育士になる

保育士になる事を目指した場合、高校卒業後に四年制大学か短期大学か専門学校に通う事になります。その中でも、専門学校がおすすめです。まず、就職率が異様に高い点が挙げられます。これはそれに特化した講義を行っていて、学校側が就職に関して全面的にバックアップしているからです。

次に、講義を行っている時間帯も一般的な教育機関同様に日中のみの全日制と、夕方から講義開始で夜に講義終了する夜間クラスの二つがあります。この夜間クラスは一部の専門学校で実施されています。この夜間クラスは、特に社会人の人にとりましては会社帰りに通学しやすいという利点があります。特に高校時代に保育士になりたいという夢があったものの、学費の問題で進学をあきらめてしまった人が多いです。

今では自分の稼ぎで学費を支払う事が出来ますので通学する事には困る事がありません。卒業後には、保育士の資格を得る事ができますので履歴書の資格欄に記入できるものが一つ増えます。卒業後の就職先も専門学校側が紹介してくれたりあっせんしてくれたりします。特に社会人の場合であれば、これが転職先探しになります。

勤務先となる保育園が決まれば、今の会社も退職できます。このように、今現在高校生であっても社会人であっても、専門学校に通学する事によって保育士資格を取得する事ができます。特に今現在、社会人で保育士の夢を一度諦めてしまった人は再びチャンスが訪れて、夢をかなえられる場所でもあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です