専門学校で、保育士を目指せ

保育士になる場合、高校を卒業した場合は進学しなければなりません。その中の一つの専門学校に進学した場合の話。専門学校の講義の時間帯が二つあります。まず、一般的な全日制。

これは日中のみの講義です。次に、夕方から講義が始まって夜に終わる夜間クラスがあります。全日制は大抵は、高校からの卒業生が多いですが、夜間クラスの場合は社会人の人が多いです。夜間クラスは、会社帰りに通学する事が出来るというのが魅力です。

これが社会人にとって利点です。全日制は退職しなければ通学できませんが、夜間スクールは退職する必要がありませんので、仕事と学業を両立できればいいだけの話です。講義内容は、全日制も夜間クラスも共通していて、ピアノの弾き方や子供への接し方などを学ぶことが出来ます。これで不安要素もなくなりますので、実際の勤務になった場合もそつなくこなすことが出来ます。

専門学校卒業後に近い時期に保育士の資格取得につながります。その期間に近い時期に就職先となりえる保育園の紹介とあっせんが専門学校側からあります。その中から内定をつかむことができれば、晴れて保育士としての勤務がはじまります。このように、高校卒業の人にとりましては確実に保育士になる事が出来るコース、社会人の人にとりましてはキャリアアップを図りつつ保育士になる事が出来るという転職コースとなります。

つまり、なりたいと思っているものをそのままあきらめずにチャレンジするのが大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です